アンバー(琥珀)

 

アンバー (amber)の特徴

琥珀は、数千万年も前(第三紀時代)の針葉樹の樹脂が化石化して生まれたものです。
豊富な自然と濃密な空気に囲まれていた太古の時代。
そのエネルギーを蓄え、持ち主に豊かさを与えてくれると言われる神秘の宝石。
不安や絶望を追い払い、過去の体験から来る罪意識を解消します。
大きな愛で誰よりも優しく持ち主を包み込む石です。
感情が高ぶった時に指で軽くこすると、不安定な心を静め落ち着かせてくれる効果があるそうです。
また、ヨーロッパでは幸運の象徴と言われ、アンバーを贈ることは「幸運を贈る」という意味を持っています。
アンバーには、「長年の想いが報われ、愛が花開く」という意味もあり、イギリスでは結婚10年目にアンバーを贈る「琥珀婚」という風習があります。
アンバーといえば、黄色〜茶色のものが一般的ですが、中にはグリーンを帯びたもの、レッドカラーのもの、表面がブルーに光るものなどあります。
これらは希少品の部類に入ります。

 

色彩

黄色、茶色、赤茶、黄緑など

 

パワーストーンの意味

・大きな愛
・富を引き寄せる
・長寿
・願望達成

 

復縁への効果

・悪縁を遠ざける
・愛する人との絆を深める
・愛する人に思いが伝わる
・仲直り

 

こんな願いを持つ人にお勧め

・願望を叶えたい
・幸せになりたい
・愛する人との絆を深めたい
・もう一度縁をつなぎたい

 

浄化方法

満月、クラスター、さざれ、セージ、お香

 

弱点

水、太陽、熱、乾燥、熱、塩、土、汗、化粧品
(熱や乾燥を嫌う石なので、ストーブのそばなどに近づけないこと)

 

「パワーストーン図鑑」の関連ページ