感情的に別れてしまった後悔を元彼に上手に伝えるには?

大好きな彼と大喧嘩。
きっかけは、大した事ではなかったのに・・・。そして、売り言葉に買い言葉で別れてしまった後悔。
そんな、後悔の日々を過ごしているあなたは、きっと辛い日々を送っている事でしょう。

 

出来る事ならば、素直に謝ってやり直したい。

 

でも、何から謝ればいいのか?また、どんな風に謝れば良いのか迷っているあなたの為に復縁の仕方をまとめてみました。

 

まずは、相手が落ち着くまで我慢!

あなた自身がすぐに後悔し、すぐにでもやり直したいと思ったとしても、相手が同じ気持ちでいると言う保証はありません。その為、連絡を取る事を急ぐと、彼の怒りが収まっておらず、何を言っても逆効果になる事も・・・。

 

そうならない為にも、少し期間を取る事も大切です。相手の怒りが収まるまで待ちましょう。
辛いかも知れませんが、少しの間、我慢しましょう。

 

 

冷却期間が過ぎたら・・・。

冷却期間が過ぎたら、素直に謝りの連絡を入れます。それは、電話でもLINEでも大丈夫。
まずは、あなた自身が喧嘩の事に関して、深く反省している事を伝え、喧嘩の事にだけ、お詫びを入れるのです。

 

また、反省と共に改善する事も何気なく伝えておきましょう。心を入れ替えた事を伝えておく事も大切です。

 

そうする事で、相手の気持ちも落ち着き冷静さを保つことができるようになります。
その時は、決して、相手を否定してはいけません。自分の悪かった事だけを認め、謝罪するように心がけるのです。

 

 

喧嘩の事が和解できたなら・・・。

喧嘩について、お互い和解でいたら、その場は、一度連絡を辞めます。
そのまま、話し続けるのではなく、今回は、誤りの連絡だった事を大切にし、また、新たに連絡を取るようにします。

 

そうする事で、一段とあなたが反省し、謝罪の連絡だったという事を印象付ける事ができるのです。

 

新たに連絡を取る事は、次の日でも大丈夫。お互い都合が良さそうな時に連絡し、何気ない会話から始めるようにするのです。そうする事で、少しづつわだかまりが薄れ、以前のように普通に話をする事ができるようになります。

 

 

復縁への最終step!

以前のように話す事ができるようになれば、少しずつ会う機会を増やしていきます。その際、決して未練があるような態度を見せるのではなく、新たにあなたの事を好きになってくれるような、そんな事を気にして行動するようにします。

 

そう、初めて付き合う前のような新鮮な気持ちで、元彼と向き合ってみるのです。
未練があまりにもあるように見えると、重く見られたり、相手に下に見られてしまう事も考えられます。

 

そうならない為にも、そのような気持ちは心の奥にしまい込み、あなたといると楽しいといった印象を元彼に与えるように努力するようにするのです。
最終的に、元彼から復縁を求められるように持っていく事も大切なのです。

 

 

おわりに

喧嘩別れの場合、多くは感情に流られ、勢いで別れてしまう事が多くなります。
それは、喧嘩の仕方、内容にもよりますが、多少なりともお互いに後悔が残る場合が多くなります。

 

浮気などの許しがたい内容は別として、ちょっとした事がきっかけの言い合いなら、なおさらです。

 

そのような喧嘩の場合は、相手も気にしている事が多いため、あなたの方から正直に謝り、今後、そのような事がないよう努力する事を伝える事で、復縁につながりやすくなります。

 

また、喧嘩の途中で、元彼のプライドを傷つけるような事を言ってしまった場合は、本意ではなかった事。
そして、本意ではなかったとは言え、本当に悪い事を言ってしまった事を正直に伝える事で、元彼のプライドも保つことができ、丸く治まる事につながって行きます。