別れ方パターン別復縁方法

 

 

自然消滅の場合

 

他の場合とは少し違い、連絡することが解決策になるかもしれません。
自然消滅の場合、相手が「別れた」と認識しているかどうかも定かではありません。相手がとう思っているのか、二人の関係をどう捉えているのか。
連絡して話をすることによって誤解が解け、そのまま復縁に繋がる可能性もあります。
自分の想像だけで一方的に別れたと決めつけず、相手にどう思っているのか確かめることが大切です。

 

あなたから連絡をとってみましょう。

自然消滅の場合お互いもやもやとしたままで、何となく気持ちが晴れないままになってしまいます。
そのまま関係の修復を目指す場合も、一度別れた状態から復縁に向かう場合にも、一度じっくり話し合わねばなりません。

 

相手からの連絡をじっと待つというのは得策ではありません。事態を悪化させてしまうこともあります。
連絡を取って相手がどう思っているかを確認しなければなりません。

 

面倒がらず、ゆっくり進めていくことが大切です。

 

喧嘩別れの場合

 

決して感情的になってはいけません。冷静に対処しなければなりません。
喧嘩の後は、お互いにどうしても冷静に対応する事が難しいものです。

 

そんな時に、無理に落ち着こうとして落ち着けるものではありませんし、何かを行動に移すとしても判断力を欠いています。
では、どうすべきでしょうか?

 

じっと待つこと。
自分が確実に落ち着いたと自信を持って言えるまでは待つことです。

 

喧嘩した時にはどれほどむかついていても、時間が経てば自然に落ち着いてきます。
ある程度落ち着きを取り戻した時に、連絡を取るのです。
そしてまず、すぐに謝っておきましょう
難しいかもしれませんが、とにかく自分に非がある部分だけでも認めて謝っておいた方が良いでしょう。

 

そして、更にお互いが完全に落ち着いて、冷静に会話が出来る時に、もう一度謝るのです。

 

喧嘩の直後には相手も自分も感情が昂ぶっていて、相手の事を許そうとは思えないものですが、
時間を置いて落ち着きを取り戻せば、気持ちを解りあえるチャンスはやってきます。

 

相手に新しく好きな人が出来た場合

 

この場合、復縁はかなり難しいものになります。
ですが、ひたすらに耐えることが出来るというあなたならば、時間は掛かりますが復縁できるかもしれません。

 

今、相手の目は新たな恋人の方に向いています。

この時期、あなたが、焦って行動しても良いことはありません。

 

まずは、友人としての地位を確固たるものにすべきです。
相談相手として近くに居続けることで、いずれ来るチャンスを待つのです。
ここで注意したいのは、友達になったあなたへ相談された場合、
相手へのアドバイスには、変に嫉妬したり復縁のチャンスを作る為のものにしないこと。
純粋に相手の幸せを願って考えたアドバイスにしましょう。
とにかく、相手の信頼を得る事を最優先にするのです。
じっと待つのはとても辛いと思いますが、本気で相手の事を考えていればいつか必ずチャンスはやってきます。
近くに居ながら、じっくり待つ事。これが大切です。

 

結婚寸前で別れた場合

 

一度は結婚寸前まで考えた相手と別れることになったのはなぜか、まずはあなたがじっくり考えることが必要です。
大抵の場合、相手への信頼が足りず、世間体や常識に流されてしまったことが原因になります。

 

将来的に本当にこの人と結婚しても良いものか……
そんな不安から別れを選んでしまうのです。

 

相手に不安を感じたのはなぜか。
結婚を不安に思ったのはどんなところからなのか。
よく考えてみて下さい。

原因を突き止め解決することが復縁への道です。

もとは結婚目前に至ったということは、愛があった二人です。
原因さえ解決できれば復縁は確実でしょう。

 

「復縁方法」の関連ページ