こうして復縁は成功する

 

 

勇気を出して行動してみよう!

もう一度やり直したい! 勇気を出して行動してみよう!
そう思いはじめたあなたに、実際に別れた人とやり直すことができた復縁成功者の事例から、別れた後、再びどのような経緯で復縁に至ったのか…
順を追ってご紹介していきましょう。

 

0. 相手との別れ

 

1. 別れた相手と連絡が取れない状態

別れた後、相手も気持ちを整理している時期です。
この時期にはあなたとの連絡をとることを避ける可能性があります。
一時的に距離を置いて、自分を見つめ直したり、気持ちを落ち着かせている時期なのです。
こんな時期に焦って何度も電話したり、メールをしては逆効果です。
返ってあなたとの関係はこじれ、やり直す可能性を低くしてしまうことになり兼ねません。
この時期は、切ないかもしれませんが、とにかくじっと待つことが大事です。

 

2. 別れた後、二人きりでは会うことはないが、第三者を交えて会うことがある

相手の顔を見る、声を聞くことすら避ける時期は過ぎて、顔を合わせることに抵抗がない状態です。
ただし、二人きりになることに関しては、まだ警戒している時期です。

 

3. 別れた人とたまに連絡を取っている

すでに相手の方は、あなたのことを"友達"として受け入れている、もしくは受け入れようとしている時期です。
多少、よそよそしいかもしれませんが、連絡をとりあうことも、会って話しをすることへも警戒心はありません。

 

4. 別れた人とは第三者を加えたグループで遊んでいる

相手の方は、あなたと会うこと、一緒に楽しむ時間を持つことに、抵抗を感じていません。
もし、相手の方が二人きりになることを避けている場合、"自分に対してマイナスの感情があるからだ!"と決めつけないでください。
むしろ、相手の方が別れたあなたに対して、"中途半端なことはできない。"けじめをつけなければいけない"と、誠意ある気持ちでいるからだと考えるといいでしょう。

 

5. 別れた人と、二人きりでも食事することがある

相手の方は、よき友人としてあなたのことを考えています。
もしくは考えようとしている時期です。
形はどうであれ、あなたの側に居ようと決めているということ。
かなり関係が良くなっている時期と言えます。

 

6. 別れた人と今も一緒にいて楽しいし、相手も楽しいと言ってくれる

お相手の方は、別れたあなたを友人として捉えている。もしくは捉えようとしているかもしれませんが、楽しい時間を過ごせは過ごすだけ、友人の中であなたは特別な大きな存在に変わっていくはずです。
元恋人というよりも、仲良しの一緒にいて楽しい異性の友人という時期。
この時期には、異性としての存在も大きくなる時期でもあります。

 

7. 別れた相手から「やり直そう」と言われ、自分にもやり直したい気持ちがある

相手も、あなたも、別れた後に自分の気持ちを見つめ直しながら
相手に対しての「好き」という気持ちが消えない状態です。
そうは言っても、一度別れたことは消えませんので、多少の抵抗が残っているかもしれません。
ただし、確実にあなたのことを交際相手の異性として意識していることは確かな時期と言えます。

 

8. 別れた相手と話をする、会うたびに復縁の話題が出る

気軽に軽い話題として、やり直そうと言えるこの時期は、あなたに対して相手の気持ちは固まっていると言えます。
この時期は、自分の気持ちに素直になって、そしてあなたの気持ちも、きちんと相手に伝えましょう。
修復まであと少しです。

 

9. 別れた相手と、真剣に具体的に復縁の話をした

お互いに真剣にやり直すことを考えている時期です。
復縁の話題も頻繁になり、復縁できる日は近いでしょう。

 

10. 別れた相手と復縁した!

再び、お互いを求め、やり直すことを決めた二人は、以前よりも成長し、一人の寂しさ、お互いの大切さを身にしみて感じていることでしょう。
以前よりずっと、二人でいる時間が充実し、楽しい明るい時間に感じるはずです。

 

 



 

多くは1〜10の段階を経て復縁に成功しています。
焦りは禁物です。

 

自分の想いをただ一方的にぶつけるのではなく、相手のことを考え、思いやりながら一歩ずつ進めていくことが大事です。
少しずつ少しずつ、信頼関係を積み上げていくこと。
あなたを信じてもらうこと。これは急いでも出来ません。
焦らず着実に行きましょう。

 

まずは落ち着くこと。焦らないこと。

復縁は落ち着いて少しずつ進めることだと意識しましょう!

 

「復縁方法」の関連ページ