復縁したいならこれはダメ

 

 

別れた相手とよりを戻したい! 復縁したい!
そんなあなたに、復縁するに於いて、「決してやってはいけないこと」をご紹介します。

 

 

相手に何度も何度も連絡を入れる

 

やり直したい気持ちが強く、気持ちだけが先走っている。
焦る気持ちから、ついつい何度も何度も連絡を入れるのは逆効果です。
相手の気持ちがこちらに向かない限り、あなたが焦って必死になればなるほど、相手の気持ちは引いてしまうでしょう。

 

復縁の成功者の多くの人がこう言っています。
「大事なのは、冷却期間を置くこと」

 

それまで、一緒にいることが当たり前だった相手。
メールも電話もやり取りすることが普通だった相手。
だからこそ、別れた直後に連絡がとれないのはつらい。
ですが、それは相手の方にも同じです。

 

焦って連絡を取ることは、相手にとっては、つらい気持ちを思い出させるだけの行動になってしまいます。
この時期は、むしろ冷却期間を置く。
一時期、距離を置いて、お互いに落ち着く時間が必要です。

 

でも…相手と連絡を取らないと忘れられてしまう!
そんな気持ちで不安になるかもしれません。
しかし、実はこの冷却期間こそ、復縁への近道の第一歩なのです。

冷却期間が、復縁の成功率をぐっと上げるのです!

 

追われると逃げたくなる…人ってそんなもの。
逆に、距離を置かれると「どうしたのかな?」と気になります。

 

頻繁に連絡を入れてしまうと、あなたからの連絡が当たり前になり、時にはうっとおしく感じられてしまいます。
最悪の場合、着信拒否されて、連絡手段すら失ってしまう…なんてことになり兼ねません。

お互いに連絡を取り合わない生活を落ち着かせる。
しばらく連絡をとっていなかった後で声を聞けば
「久しぶり〜」と話をしたくなるのが人の心理です。

 

 

 

つらいかもしれませんが、焦る気持ちをぐっと堪えて
冷却期間を置く。これは大事です。

 

 

相手に「好き」と伝える

 

別れた直後に「好き」と伝えることは、相手を困惑させます。
別れた直後は、誰しも色々なことを考えてしまったり、逆に考えることを避けようとします。
そんな時期に「好き」と言われたら、相手の気持ちを惑わすことになり兼ねません。

 

別れた直後に「好き」「愛してる」などの恋愛話は逆効果です。

 

「好き」
その気持ちは、最後の最後まで大切に抱えておきましょう。
その言葉こそ、ここぞ!というタイミングで使いましょう。

 

 

「復縁方法」の関連ページ