復縁したい人との最適なメール

 

 

復縁したい相手とのメール

 

別れた人とよりを戻したい! 復縁の可能性を期待するからこそ、別れた直後に、何度もメールを入れてしまう人は多いです。
この、別れた直後に頻繁に連絡を入れるという行動は、可能な限り控えたほうがいいのです。

 

別れの原因は様々。もし、別れの原因がどちらかの誤解である場合は、話しをして誤解を解く必要があります。
この場合、すぐに連絡をとることは効果的ですが、それ以外の場合は逆効果を招くことが多いのです。

 

自分の気持ちが復縁したい!でいっぱいいっぱいであっても、自己判断で何度もメールを送りつける行動は避けたいものです。
しつこくメールすることで、やり直せる可能性を閉ざしてしまうことにもなり兼ねません。

 

メールの送り方は、状況によって変えることが必要です。

場合によっては、しばらく送らないことも。

メールを送った後にすぐに返信が来ないからといって、追い立てるようにメールを送ることも避けましょう。
確かに、考えて考えて書いた文面に対して、何も反応がないのは不安になります。
しかし、相手の人は意図的に返信をしない以上、何度もメールを送りつけても意味がありません。
距離を置きたいという相手の方の気持ちを尊重することが大事です。

 

では、別れた直後には、どのようにメールを利用すればいいのでしょうか。
下記にまとめてみますので、参考にしてください。

 

別れた直後のメール

 

別れた直後の冷却期間にはメール送信は控えましょう。
送る場合も、月に一回程度にしましょう。

 

パターン1 <相手から返信が来ない時>

 

送ったメールに対して、相手からの返信がなくても、あなたのメールを読んでくれているはずです。
返信がないのは、意図的に距離を置きたいという相手の気持ちの表れです。
その気持ちを尊重してあげましょう。

 

大切なことは、あなたにメールを送ってくれる相手の気持ちが、義務でなく自然であること。
返信を強要されているように感じて、義務的に返信せざるを得ないとか、質問ばかりのメールでは、相手は面倒に、負担にすら感じてしまいます。

 

あなたに連絡したい。
相手が自然にそういう気持ちで返信をしてくれるまでは、時間をかけて待つのです。
待つことは辛く感じることもありますが、ぐっと辛抱強く、時を待ちましょう。

 

焦って返信を強要することは逆効果です。

 

一度別れた関係は、焦らず、忍耐強く、じっくり時間をかけて修復していく心構えが大切です。

 

パターン2 <相手から返信が来た時>

 

落ち着いて、反応を確認しながら丁寧にやり取りしましょう。
すぐによりを戻したい!と復縁の話題を持ち出したい気持ちはわかりますが、まずはさし障りのない他愛のない話題から入ったほうが無難です。
返信が来ているということは、別れたあなたを嫌いになってしまったということではないはずです。

 

復縁を目標に定めた上で、まずは楽しく会話ができるようになることが優先です。
相手がもっとあなたとメールをやり取りしたくなるような楽しい話題を心がけることです。

 

このように、返信が来ない場合も返信が来た場合も、
どちらも落ち着いて対応すること。
何より大事なのは、あなたが焦らないことです。

 

 

「復縁方法」の関連ページ