レピドライト

 

レピドライト (lepidolite)の特徴

紫の地色にキラキラと輝く運もが美しいレピドライト。
古くから変革の石と呼ばれ、何かに挑戦する時に身に付けると良いと言われてきました。
環境の変化を受け入れられるようになる。
レピドライトがとく意図するのは、深い癒し。
過去の傷を中和して、豊かな創造力と前向きな考えを生みます。
また、困難な状況下では、その障害を乗り越える力を与えます。
まさに、復縁にぴったりの石といえるでしょう。

 

レピドライトの紫は、持ち主に自分を責めなくてもいいのだということを伝えます。
そして、持ち主の気持ちや感情を肯定し、新しい未来を作るためにそっと後押しをするのです。

 

色彩

赤紫、もしくは薄青紫の地色にキラキラとした雲母を内包

 

パワーストーンの意味

・深い癒し
・過去の傷の中和
・障害の打破

 

復縁への効果

・相手を思いやる気持ちが増す
・過去と同じ過ちを繰り返さなくなる
・変化を受け入れる
・恋愛運の向上

 

こんな願いを持つ人にお勧め

・気持ちが落ち着かず、安定したい
・相手の立場に立ってものを考えたい
・過去の自分から変わりたい

 

浄化方法

満月、クラスター、さざれ、セージ、お香

 

弱点

水、太陽、塩、土

 

「パワーストーン図鑑」の関連ページ