オパール

 

オパール (opal)の特徴

オパールには数多くの種類があります。
10月の誕生石としても知られる石で、ホワイト、ブルー、イエロー、ピンク、グリーン、オレンジ、ブラックというように様々な色のものがあります。
きらめく遊色効果が楽しめるのは、ホワイト、オレンジ(ファイヤーオパール)、ブラックになりますが、近年産出量が減りつつあります。
特に、ホワイトオパールは、以前よりも手に入れにくく高騰しています。
そこで注目され始めたのが、ブルー、イエロー、ピンク、グリーンのオパール。
特にピンクオパールは、別名「キューピッド・ストーン」とも呼ばれ、恋愛のお守りとして人気の高い石です。
これらは遊色効果のない、コモンオパールといわれる部類に入ります。

 

オパールは内包する虹の輝きが希望を象徴し、幸せを運ぶと言われています。
古来より魔術的な力があると信じられ、様々な儀式に使われてきました。
現代でも伝わる方法としては、願いを叶えるおまじないがあり、手に握って願いを込めるとその願いが叶うと言われています。

 

※恋愛のお守り石のピンクオパールですが、現在採掘量が激減し、手に入りにくくなっております。価格が高騰の一途を辿っているだけでなく、根本的に手に入りにくくなってきているため、見つけた時には早めに手に入れることをお勧めします。

 

色彩

白、黒、青、黄色、緑、ピンク、オレンジ
(白、オレンジ、黒は様々な色がきらめく遊色効果のあるものも)

 

パワーストーンの意味

・希望の象徴
・幸せを招くお守り石
・内面を輝かせる
・美的感覚を磨く
・心を豊かにする

 

(以下、ピンクオパールの意味)
・優しさとの調和
・恋愛成就
・恋の問題を解決する

 

復縁への効果

・愛の再燃
・魅力が高まる
・恋の願いごとを叶える
・美しさや魅力を引き出す

 

(以下、ピンクオパールの復縁効果)
・愛の復活
・マンネリや倦怠期の改善
・感情のもつれの修復

 

こんな願いを持つ人にお勧め

・愛する人を振り向かせたい
・もう一度やり直したい
・魅力的になりたい
・仲直りしたい
・異性として魅力的になりたい

 

浄化方法

流水、満月、クラスター、さざれ、セージ、お香

 

弱点

太陽、熱、乾燥、塩、土、化粧品

 

「パワーストーン図鑑」の関連ページ