パワーストーンとは

 

 

パワーストーンはどうやって生まれたの?

最近は書店や雑貨屋、百円均一などでも見かけるようになった天然石。
ローズクォーツアメジストラピスラズリタイガーアイ水晶など、色々なものがありますよね。
これらは総じて「パワーストーン」と呼ばれています。

 

この「パワーストーン」とは、どういうものかご存知ですか?
一言で言うと、人を助けたり、癒したりする神秘的な力を秘めた石のことです。
多くの石は、見る人の心に訴えかけるような豊かな色彩やクリアーな透明感を持っています。

 

ではこのパワーストーンは、一体どうやって生まれたのでしょうか?
パワーストーンは、地球が何万年、何億年と長い年月をかけて大地の中で温め作り出した宝物です。
地殻変動の産物として出来たもの、銅や鉄と一緒に地層でゆっくりと育ったもの。
石の育ち方や性質は1つ1つ様々で、石によってはある時期を境にぱたりと採れなくなったというものもあります。
まさに、地球からの贈り物とも言える不思議な存在だと思います。

 

そんなパワーストーンの力が分かっていたのでしょうね。
古代の人たちはパワーストーンを儀式や魔よけのお守り
、神の力を得るための化粧品や装身具に使用していました。
昔は今よりもパワーの恩恵を受けやすい時代だったと言いますから、
パワーストーンは無くてはならないものだったのでしょう。

 

パワーストーンの力を借りる前に

パワーストーンには、その石それぞれ特徴や効能があります。
有名な石では、ローズクォーツアメジストは恋愛に非常によい石ですし、もちろん復縁にも効きます

 

ただし、パワーストーンを探すときには、幾つか気をつけなければならないことがあります。
石には、高価な物もあれば、安価な物もあります。
一般的に宝石質の物は値段が高くなりますが、
他にも産地や産出状況によって価格が大幅に上がることがあります。
ずっと気になっていた石が、
ある日突然値上がり!ということもあるのです。

 

パワーストーンはカットされたものよりも原石のほうがパワーが強いと言われますが、原石はあくまでも未精製なもの。
広範囲に作用するので家や部屋に置く分には良いのですが、持ち歩くのにはあまり向いていません。
ダイヤモンドがカットされることで価値を増すように、カットされることでエネルギーの循環が良くなる石もあります。
また、形にも意味があり、ハートは恋愛を表しますし、薔薇は愛や再生のシンボル。
そして円(球形)は、物事の完成、完全な力を表します。
つまり、丸く磨かれたビーズは、人が身につけてパワーを得やすい完璧な形でもあるんですね。

 

最後に、一番注意してほしいのが、パワーストーンに依存しないということ。
パワーストーンは持ち主を助ける力のある石ですが、努力なしで状況が変わる魔法の石ではありません。

あなたの心や行動を支えるパートナーだと思い、ほどよい距離感で大切に付き合いましょう。

 

「パワーストーン基礎知識」の関連ページ