指輪の位置でパワーストーンの効果が変わる

 

 

パワーストーン、どの指に着ける?

最近はブレスレットとして身に着けるのが主流になっているパワーストーンですが、
古くからの需要として一番多いのは指輪かもしれません。

 

指はそれぞれ単独で意味を持つ場所です。
以下に、両手の指1本ずつの指輪をはめたときの復縁の効用をお教えします。
パワーストーンのパワーを効果的に使いこなすためには、はめる指にも注意したいですね。
復縁への効果もきっと増すことでしょう。

 

右手:相手への願い、現実的な変化を司る位置

親指

信念を貫きたい時、困難な目標に立ち向かう時に。

 

人差し指

行動力がほしい時、夢を実現させたい時に。

 

中指

霊感、直観力を高めたい時、
効率よく結果を出したい時、元恋人に振り向いてほしい時に。

 

薬指

復縁成就。心の安定がほしい時、感性を高めて美しさに磨きをかけたい時に。

 

小指

魅力を伝えたい時、願いを叶えたい時、好感度を上げたい時に。

 

 

左手:自分への願い、内面の変化を司る位置

親指

自分に自信を持ちたい時、強い意思と行動力がほしい時に。

 

人差し指

積極的になりたい時、密かな願いを叶えたい時、精神的に強くなりたい時に。

 

中指

人間関係を改善したい時、直観力やひらめきの助けに頼りたい時に。

 

薬指

復縁を願う時。
※ただし、復縁成就を願う時は寝る前にはめて寝ること。
誤解を避けるためにも、普段はつけないほうがよいでしょう。

 

小指

恋のチャンスや変化を呼び込みたい時、願いを成就させたい時に。

 

 

「パワーストーンを身に着けよう」の関連ページ