パワーストーンの変色や色あせは何かのお知らせ?

 

 

パワーストーンの色が変わってしまった

 

パワーストーン専門店への相談で割と多いのが、パワーストーンの変色。
色が変わったとびっくりして持ち込む人も多いようです。

 

パワーストーンの色が変わるのには、幾つかの理由があります。

1.持ち主の身代わりになった

2.復縁のためにパワーを出し尽くした

3.マイナスエネルギーの影響を受けた

4.持ち主の心身と同調している

5.誤った取り扱いによる変色

6.着色された色が落ちた

 

 

1〜4が理由の場合は、浄化をしてクリスタルのチップかクラスターの上に置き、しばらく様子を見るとよいでしょう。
理由がわからない人も、まずはこの作業をしてみてください。
1週間ほど経ってもまったく様子が変わらないというのであれば、そのパワーストーンは非常に疲れてしまっている状態ですので、川や海、土の中など、自然に還してあげるとよいでしょう。

 

ただ、あなたの直感が、
「まだこのパワーストーンといたい」
「このパワーストーンが気になる」
というのであれば、自然に還すのは少し待ちましょう。
力を出し尽くしたように見えるパワーストーンですが、
あなたの復縁を手助けするためにまだ何らかのお役目があるかもしれません。
そんな時は、クラスターの上に休ませた後、箪笥や引き出しの中で保管してあげてください。

 

中には、誤った取り扱いによってパワーストーンの色が変わることもあります。
たとえば、アメジストローズクオーツ直射日光の当たる場所の下にずっと置いておいたら色が褪せたなど。
そんな場合は自然の変色(退色)ですので、特に気にする必要はありません。
ただ、次回からは直射日光があまり当たらない場所に置いておくようにしてくださいね。

 

稀にですが、着色されたパワーストーンを手に入れてしまい使っているうちに色が褪せるということもあります。その場合は、洋服などに色がつくこともありますので、思い当たる人はお店に問い合わせてみるとよいでしょう。
そして、次からは信頼の置けるお店で買うことをお勧めします。

 

「パワーストーンを身に着けよう」の関連ページ